■名古屋歴史スマートナビとは

 「名古屋歴史スマートナビ」は、名古屋市内の歴史・文化資産などを紹介するアプリです。
 地区ごとに設定されたコースから選んだスポット(場所)に行ってスタンプを集めながらまちを巡り、地域の歴史を学ぶことができます。また、スポット(場所)によっては特別なキャラクターと一緒に写真を撮ったり、昔の写真などのお宝情報を見たりすることができます。
 このアプリで、ぜひ名古屋の歴史まち歩きを楽しんでください。


■操作方法

  位置情報サービスを「オン」にしてご利用ください。

地区の選択

地区の選択

地区一覧の中から地区を選択してください。

コースの選択

コースの選択

コースを選択してください。
「お手軽コース」(金シャチボタン)をタップした場合にはこの地区の代表的なスポットを巡るルートが表示されます。

スポット(場所)の選択

コースの選択

コースの説明とともにスポットの一覧が表示されます。
スポットの一覧からスポットを選択してください。

コース全体地図の表示

スポット詳細

スポット一覧画面の右上の「コース地図」をタップするとそのコースに含まれる全てのスポット(スタンプポイント)位置が地図に表示されます。
地図上のピンからスポットを選択することもできます。

スポット詳細の閲覧

スポット詳細

スポットの写真と紹介文が表示されます。写真が複数あるものは、写真をスライドすることで別の写真が表示されます。
写真を2回タップすることで拡大することもできます。

スポット位置の表示

スポット位置の表示

スポット詳細画面の「地図」をタップすると各スポット(スタンプポイント)の位置が表示されます。

ルート検索

スポット詳細

スポット位置の地図画面の右上の「ルート検索」をタップすると現在地からの徒歩での経路が表示されます。
※機種によっては、ルート検索機能を使用すると別アプリが起動しますので、戻るにはもう一度本アプリを起動しなおす必要があります。

スタンプ機能

スタンプ保存画面

各スポットのスタンプポイント付近に行って、スポット詳細画面の「スタンプ」をタップすると、カメラが立ちあがります。立ち上がったカメラで撮影した写真はスタンプとしてスタンプ台帳に保存することができます。スタンプはポイント付近にいる間は何度でも撮影でき、スンタンプ台帳に上書き保存できます。スポットによっては特別なキャラクターと一緒に撮影ができます。
なお、撮影した画像はカメラロールに保存したり、Twitterやfacebookに投稿したりすることもできます。

お宝情報の閲覧

スポット詳細

各スポットのスタンプポイント付近に行って、スポット詳細画面の「お宝情報」をタップすると、尾張名所図会や昔の写真などのお宝情報をみることができます。1度表示させたお宝情報は、いつでも見ることができるようになります。

スタンプ台帳の表示

スタンプ台帳

画面下の「スタンプ台帳」をタップして、地区を選択して下さい。
地区毎に獲得したスタンプが表示できます。スタンプをタップすると拡大表示されます。
まち案内機能に戻るには下の「ナビ」ボタンをタップして下さい。

現在地周辺スポットの表示

現在地周辺スポット

画面下の「現在地」をタップすると、地図画面になり現在地周辺スポットの位置が表示されます。

期間限定コース

地区の選択

地区一覧の中には期間限定コースが表示されることがあります。期間を過ぎると各スポット紹介やお宝情報などは閲覧できなくなりますが、獲得したスタンプについてはスタンプ台帳にて表示できます。


■アプリの制作にあたって

 制作にあたっては熱田界隈及び橘町界隈に関わる市民団体、地域住民や学生の方々にワークショップに参加していただき、たくさんのご意見や情報をいただきました。
 また、アプリの開発にあたっては下記の方々にご協力いただきました。多くの方々のご協力に感謝いたします。

 アプリデザイン:design10(伊藤里紗+大川奈々)
          (協力:名古屋市立大学芸術工学部)
 アプリ・システム開発:ターボウェブ 小林剛典
 アプリ企画:(株)都市研究所スペーシア

 アプリ制作:名古屋文化遺産活用実行委員会(名古屋市歴史まちづくり推進室)



ダウンロードはこちら
 iPhone用
 android用

イベントのお知らせ


現在期間限定イベントは実施していません





□対応OS□
 Android 2.3以降
 iPhone iOS 6.0以降

【問い合わせ先】
info@758rekishi.com




過去のイベント

熱田スマホでまち歩き
詳細

橘町界隈スマホdeまち歩き
詳細

あったかあつた2013スタンプラリー
詳細1  詳細2
©名古屋文化遺産活用実行委員会 Since 2013